So-net無料ブログ作成
検索選択

<愛知県弁護士会>着服で懲戒検討の63歳弁護士が自殺(毎日新聞)

 相続財産管理人から預かった現金約6600万円を着服したとして愛知県弁護士会が懲戒処分を検討していた男性弁護士(63)が自殺していたことが27日分かった。名古屋家裁は同日、この弁護士を業務上横領容疑で名古屋地検に告発したが、同地検は容疑者死亡で不起訴にする方針。

 県警によると弁護士は24日、同県常滑市内の路上に駐車した車の中で死亡しているのが見つかった。車内に練炭の燃え残りがあり、遺書めいた手紙があったという。

 県弁護士会によると弁護士は98年4月、県内の女性(95年死亡)の相続財産管理人に選任された。98年6月〜04年8月、女性が所有していた土地の競売配当金など計約6586万円を弁護士名義の定期預金に移し、計11回にわたって引き出して横領した疑いが持たれていた。【秋山信一】

【関連ニュース
福知山線脱線:指定弁護士が会見 JR西歴代3社長起訴で
弁護士法違反:司法書士ら告発 無資格で法律事務の疑い
佐世保小6殺害:事件報告書で人権侵害 弁護士会是正勧告
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
大阪弁護士会:高校生にも法教育 府内270校で出前授業

水産・航空大学校は縮減 事業仕分け2日目(産経新聞)
放鳥トキ、また卵捨てる=ふ化の可能性は残る−環境省(時事通信)
日本初「子どもの村」スタート=里親と養護スタッフが1カ所に−福岡(時事通信)
日、独、沖の歌曲情感深く 小波津准教授ソプラノリサイタル
中部電、二審も賠償命令=取材ヘリ墜落死訴訟−東京高裁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。